それは、木に出会うことからはじまります。
木と向き合い、感じたことをかたちにします。

森森と
作品をそう呼びます。