product : door handle
client : myself

板状の鉄は、見る角度により、そのものの印象を大きく変えます。
面が線に、
線から面へ。
それは、移ろうように姿をかえ、2枚の扉に1つの取っ手という、
未完成、不完全ゆえ、もう1つの取っ手は?という固定観念が、不意に生まれます。
取っ手が1つしかない。
その1つの取っ手がつくりだす影が、もう1つの取っ手になる。
見立ててみる。
それゆえ、この取っ手の形状は、無限に広がります。

画像をクリックで次の画像へ
designをクリックでdesign topへ